クレジットカードをまとめる

クレジットカードを複数持っている人はクレジットカードをまとめると賢くクレジットカードを使うことができると思います。クレジットカードを小さな額の買い物の際でも使っていけば、クレジットカードのポイントがどんどんたまりますし、お財布の中の小銭もなくてとても便利です。社会に出ればクレジットカードをつきあいで作らなければいけないということもあると思います。また提携しているお店や商品のキャンペーンにつられてクレジットカードを作ったりというのも多いのではないでしょうか。この手のキャンペーンでクレジットカードを作った場合には、クレジットカード会社から実はお店にバックがもらえるという仕組みになっています。いろいろとクレジットカードのキャンペーンは行われていますが特典につられてしまって、自分には全く必要がないようなクレジットカードを つくって何枚も保管しているという人も多いのではないでしょうか。クレジットカードを何枚も作って財布の中に入れていると財布もパンパンですし、そのつどクレジットカードを使い分けていると、実はポイントも全然たまらないことが多いですね。せっかくクレジットカードでお買い物をしているのに、ポイントが分けられて全くたまっていかないなんてお得ではない気がします。

 

そんなことにならないためにも、クレジットカードをまとめてメインのもの1枚でやっていくようにするといいと思います。クレジットカードにぴったりなことわざとして二頭を追うもの一頭も得ずということわざがぴったりです。何枚も持っていればいいというわけではありませんからクレジットカードをいくつか持つ場合には、メインを決めてそのクレジットカードをメインに利用するとポイントもどんどんたまってお得になるのではないでしょうか。クレジットカードを賢く使い分けたくて複数のクレジットカードを持つというのもいいことかもしれませんがポイントを貯めて無駄なクレジットカードの年会費を払わなくてもいいように、クレジットカードを持つなら1枚に絞った方が逆にクレジットカードを賢く使えると思いますね。クレジットカードで必要がないと思ったものが見つかったら、クレジットカード会社に連絡をしてから解約をしてもらうといいと思います。クレジットカードを勝手にやめたいからといってハサミできればそれで終わりではありません。ちゃんとクレジットカード会社に連絡をしてからクレジットカードは解約をするようにしましょう。

 

 

クレジットカードの選び方の基本

クレジットカード選びの基本についてですが、クレジットカードを選ぶ際にどんな選び方をしているのか気になりますよね。今20代から60代の人のクレジットカードの保有率というのは80パーセントといわれていて一人が持つ平均のクレジットカード保有枚数は3枚といわれていますからいろいろとクレジットカードを使い分けて保有していることがよくわかります。クレジットカードを選ぶ際に何を重視して選んでいるのか、アンケートを取ってみたところ、クレジットカードを利用している人の大半はクレジットカードを選ぶときに、名前の価値ではなくてどれだけそのクレジットカードがお得なのかということによって選んでいるんだそうです。クレジットカード選びの際に重要視するのは入会費や年会費がどれくらい安いのかどうかを見て選んだり、盗まれた時やなくしたときの対応がしっかりとできているクレジットカードを選んだり、ポイントサービスの充実、自分がよくいくお店で利用できる割引の有無などを見てクレジットカードを選んでいるという人は多いようですね。他にも、国内どこで利用しても困らないようなクレジットカードや加盟店の数が多いクレジットカードを選んでいたり、普段使っている銀行や郵便局の口座を引き落とし口座として利用できるようなクレジットカードの会社を選ぶようにしている人も多いようです。クレジットカードを選ぶ際に海外でも使えるというのも選ぶ際のポイントの一つです。

 

クレジットカードを選ぶ際に、ドのクレジットカードの内容も魅力的に思えるかもしれませんが、いくら年会費が無料だからといって何枚もクレジットカードを持っていたのでは財布に入りきらないと思いますし管理も大変です。クレジットカードを選ぶ際には何のサービスがほしいのかまずは絞り込んで、それぞれのクレジットカード会社のサービスを比較したうえで選ぶのがいいと思います。自分にとってベストなクレジットカードを選んで持つのが賢いクレジットカードの選び方ですね。クレジットカードは最大でも5枚程度にしてそれをうまく使いこなせることができれば便利でお得にクレジットカードを使っていけるのではないでしょうか。新しくクレジットカードを作ろうと考えている人の場合にはそれぞれのクレジットカードを自分のライフスタイルに合わせてどれがお得で便利に使えるのか考えて比較してから加入することをおすすめします。いくら無料だからといっても持ちすぎは意味がありません。

 

クレジットカードの金利

クレジットカードの金利について紹介したいと思いますが、クレジットカードの金利というのはクレジットカードの会社によっても違っていますし、同じクレジットカードでもキャッシングとカードローンによっても違いがあります。まずクレジットカードのキャッシングというのはクレジットカードやローン専用のカードを使って20万以下の小口の金額で融資を受けることをいうのですが、クレジットカード会社のカードローンというのは、キャッシングとは別でクレジットカード会社が会員に向けて提供しているリボルビング方式のローンのことをいいます。クレジットカード会社は個別に審査を行って、クレジットカードの利用限度額とは別の枠でクレジットカードのローン枠を決めています。クレジットカードの会員は利用枠の中であれば、クレジットカードでキャッシュディスペンサーからお金を自由に借りることができるという仕組みになっています。クレジットカード会社によってはクレジットカードとは別でクレジットカードのローン専用にしているクレジットカードを発行しているところもありますがクレジットカードでいうところのキャッシングというのは一括で返済することを言ってクレジットカードのローンというのは、リボルビングなどで分割払いをすることをいいます。クレジットカードの金利についてですがキャッシングは年率が25%から29.2パーセントになっていてクレジットカードのローンの方の金利は12パーセントから18パーセントが一般的です。

 

クレジットカードの会社や消費者金融の金利というのは29.2パーセント以下にすることが決められているのですが、大きなクレジットカード会社によっては、もっと低い金利でのキャッシングを可能にしています。その人の利用している状況や、信用の具合によっても金利を下げてくれるクレジットカード会社も中にはあります。クレジットカード会社で主なところや消費者金融のキャッシングの上限金利というのは今のところ、JCBや三井住友カード、UC 、DCカードが27.8パーセントというクレジットカードのキャッシングの金利になっています。クレジットカードの金利の計算の仕方の基本としては日割り計算が基本になっています。借りた分だけ金利を支払うというのがクレジットカードの金利の計算の不法です。借り入れた額×実質年率を365日で割って日数をかけた物がクレジットカードの金利の計算の仕方となっています。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1ワンダーコアスマート 価格10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1ワンダーコアスマート 価格10